グッドスキームはより良い生き方を提案します。

少し古い記事(2019年1月30日)ですが、中国人民解放軍(PLA)の近代化が新兵器と組織改編によって着々と進んでいるようです。


 

中国人民解放軍(PLA)の近代化が新兵器と組織改編によって着々と進んでいる。アメリカ国防情報局(DIA)が今月発表した年間報告書は、「これまでになく高い対応力と柔軟性、力を獲得した」と、99式戦車、J-20ステルス戦闘機、2隻目となる国産空母・001A型などの新兵器に象徴されるPLAの成長ぶりを強調。一部の兵器は、アメリカを含む競争相手を上回っていると評価している。

◆開発中の新兵器も続々
PLA最大のライバル、アメリカのメディアも、戦力分析に余念がない。CNNは、米軍の脅威となりそうな中国のさまざまな最新鋭兵器を特集。そのいくつかを紹介しよう。

・大規模爆風爆弾兵器「全ての爆弾の母」…アメリカ空軍が開発した大規模爆風爆弾兵器の中国版が開発中だと、今月、中国メディアが報じた。「The mother of all bombs(MOAB=全ての爆弾の母)」の異名を持つこの爆弾は、通常兵器としては史上最大の破壊力を持つとされ、米軍は2017年にアフガニスタンの洞窟地帯で実戦使用した。中国版はより小型軽量で、一般的な爆撃機で簡単に投下できるようになるという。

・地対艦ミサイル「グアム・キラー」…1月10日に米海軍が南シナ海にミサイル駆逐艦を派遣すると、中国国営メディアは、PLAが「中・大型艦を叩く力がある」というDF-26弾道ミサイルを展開したと報じた。2015年に北京で行われた軍事パレードでお披露目されたDF-26は、約5500kmの射程距離を持つ車載型の地対艦ミサイル。米海軍のグアム基地をも射程に収めることから、米専門家は「グアム・キラー」と呼ぶ。

・複座型J-20戦闘機…最新鋭J-20戦闘機の最初のバリエーションは、パイロットが2人乗り込む複座型だと中国メディアが報じている。2018年2月に空軍に配備済みとされ、戦闘爆撃機・電子戦機として運用されるという。

・UFOのようなステルス・ドローン…今月初めの中国の航空ショーで、新型無人機「スカイホーク」が初飛行した。中国メディアは「UFO」、CNNは「米軍のB-2ステルス爆撃機を小型化したような形」と表現。ステルス性能、攻撃力、防御力のどれをとっても、従来のドローンよりも大幅に性能が向上しているという。

【NewSphere(Skyrocket) 配信】

中国が

着々と軍事力を強化している様子が見えるようです。

その目的は「自国の自由な行動の確保」にあると思われますが、たとえば領海の変更、領空の変更なども含まれると思います。

圧倒的な

軍事力の違いがあれば、勝手に領海をや領空を変更して、そこに侵入するものは攻撃すると警告すれば良く、つまりはなし崩し的に自由に活動できるようになるものと思われます。

勿論、国際的な連携の程度により極端な行動は自制することになるでしょうが、たとえば米国の姿勢、NATOの姿勢などで自制の程度も大きく変わるものと考えられます。

自国の軍事力が

強大になればなるほど諸外国も次第に口出しできなくなることは、これまでの歴史を見ても明らかです。

中国が民主主義の国であるならば、仮に政府に行き過ぎた行動があれば、反対する国民により咎められる可能性もありますが、現在は一党独裁の国家なのでそれは望めないものと考えざるを得ません。

経済的側面でも

「コピーのコピー」による発展という事例が指摘されていますが、軍事力の強化も同様に「コピーのコピー」ということで、急速に力をつけている様子がうかがえます。

諸外国の連携をもってしても制御できなくなれば、世界的秩序の崩壊へと進む可能性もあり、そのための対策を強化する必要性に迫られていると言っても過言ではないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です