グッドスキームはより良い生き方を提案します。

知人「小池勇平(仮名)」さんからメールがきました。
メールの内容を以下にそのまま掲載します。

作詞をしてみました。

あるテレビ番組の中に昭和時代の作曲家や作詞家のみなさんの作品をエピソードを交えて紹介する番組がありました。

大きな反響のあった作品について、いろいろな角度から紹介されており大変興味深く拝見させていただきましたが、特に「詞」についての興味が高まり、自分でも作詞をしてみようと思いました。

今回は公開の場を提供していただけるということで、作詞したものを少しずつ紹介させていただくことにしましたのでよろしくお願いいたします。

作詞

『母を思えば』

幼き日に見た  母がいる
朝一番に    起き出して
家族のために  黙々と
ただただ働く  その母も
ながい月日に  年老いて
独り暮らしの  淋しさつのる

たまの帰郷で  母に会う
すきな食べ物  用意して
あれこれ世話を してくれて
私を気づかう  その母も
ながい月日に  年老いて
独り暮らしの  淋しさつのる

父との別れで  母に会う
辛いときでも  しっかりと
あれこれ指示を してくれて
気丈にすごす  その母も
ながい月日に  年老いて
独り暮らしの  淋しさつのる

詩に

メロディがつくとまた違った味わいになると思いますが、残念ながら私には作曲の経験がありません。
どなたか作曲できる方がいらっしゃいましたらメロディをつけていただけるとうれしいです。

※素人ながらメロディを作ってみました。
宜しかったら聞いてみてください。

※時々更新することもありますのでご了承願います。
2024-02-27 掲載開始

「小池勇平(仮名)」。

以上が知人「小池勇平(仮名)」さんからメールでした。またメールがあり次第掲載させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です