グッドスキームはより良い生き方を提案します。

『危険なウイルスを死滅させる最新型の紫外線(UV)ランプを駅や空港、学校などで利用することで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘いを有利に進めることができるようになるのだろうか。』とのことで、研究がすすんでいるようです。


 時事ドットコム
紫外線ランプ、新型コロナとの闘いに光明か 米大が実験:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=20200515040065a&g=afp
【ニューヨークAFP=時事】危険なウイルスを死滅させる最新型の紫外線(UV)ランプを駅や空港、学校などで利用することで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘いを有利に進めることができるようになるのだろうか。(写真はコロンビア大の研究チームによ...

 

危険なウイルスを死滅させる最新型の紫外線(UV)ランプを駅や空港、学校などで利用することで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘いを有利に進めることができるようになるのだろうか。

米コロンビア大学の研究者らは長年、紫外線のこのような利用法に関する研究に取り組んでおり、現在のパンデミック(世界的な大流行)によって
その取り組みの重要性が裏付けられる可能性がある。

紫外線C波(UVC)ランプは細菌やウイルス、カビ対策といった目的で、特に病院や食品加工業などでは以前から利用されている。

だが、UVC線は危険性が高く、皮膚がんや眼疾患を引き起こすため、人がいない状況でしか使用できない。

そこで、コロンビア大放射線研究センターが研究対象としているのは、「遠紫外線C波」と呼ばれる紫外線だ。遠紫外線C波の波長は222ナノメートルで、人には無害だが、ウイルスにとっては有害だと同センターのデービッド・ブレナー所長はAFPの取材で説明した。この周波数では、人の皮膚や目の表面を貫通できないというのだ。

このような特徴から、遠紫外線C波は人が密集する場所、密閉空間、感染リスクが高くなる場所でも使用可能となるため、現在のパンデミックへの対応でもその活用が広く期待されている。

コロンビア大の研究チームは2013年、薬剤耐性菌に対する遠紫外線C波の有効性の調査を開始した。次に、インフルエンザを含むウイルスへの遠紫外線C波の利用についても調べ始め、新型コロナウイルスを研究対象としたのはつい最近のことだ。

感染性が非常に高い新型コロナウイルスを調べるためには、厳重な安全対策がとられた大学内の別の実験室に研究機材を持ち込む必要があった。ブレナー所長によると、「3~4週間前」に始めた実験により、表面に付着した新型コロナウイルスをUVC線が数分以内に死滅させることがすでに明らかになっているという。

【時事ドットコムニュース 配信】

今回の

新型コロナウィルスには(可能性として)次のような特徴があるものと思われます。

  1. 無症状の感染者 1 がいる(ようだ)。
  2. 無症状感染者がうつす(ようだ)。
  3. エアロゾル感染がある(ようだ)。
  4. 急速に悪化する 2 (ようだ)。

これらの

特徴がなければなんら通常のインフルエンザと変わりがないのでしょうが、正にこの特徴があるため大変な混乱を引き起こしていると言えます。

特徴の中でも2~4が問題となりますが、ただ4は感染者がそれほど多くなければ対応可能と思われますので、2~3が解決できればかなり平常を取り戻すことができるものと思われます。

そして

今回報道の『遠紫外線C波は人が密集する場所、密閉空間、感染リスクが高くなる場所でも使用可能となる』ということで、正に2~3を撃退する特効薬に匹敵するものだと思います。

麻しんや結核、水痘(みずぼうそう)といった空気感染すると言われる感染症がありますが、これらは症状が出てから人にうつすということで、今回の新型コロナウィルスとはその点が異なるようですが、この恐ろしい空気感染さえも防いでくれるかも知れません。

エアロゾル感染を

防ぐには「次亜塩素酸水」をスプレーして用いるという方法もあるようですが、『表面に付着した新型コロナウイルスをUVC線が数分以内に死滅させることがすでに明らかになっているという。』ことで、報道にある「紫外線ランプ」の早急な実用化を期待したいと思います。

それまでは密閉空間でのエアロゾル感染には気を付けたいと思いますが、密閉空間でのエアコンの使用については『エアコンは部屋の中の空気と外の空気を入れ換えていると思われがちですが、一般的に、夏場のエアコンは部屋の中の暖かい空気を吸い込み、冷たくして部屋の中に戻しています。』とのことでやはり窓を開けての換気が必要なようです。

詳しくはこちらを参照方↓

 

猛威を振るっている

新型コロナウィルスですが、かなりの地域では新たな感染者が出ていないという報道もみられ 3 、次第に落ち着きを取り戻せるものと思われます。

最終的にはワクチンの開発を待って収束できるものと思われますが、今回報道の「遠紫外線C波」を出す機器の開発が進めば、その間の大きな武器になるかも知れませんね。

参考情報:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です