グッドスキームはより良い生き方を提案します。

『インタファクス通信によると、ロシアのプーチン大統領は24日、ウクライナ東部ドンバス地方での軍事作戦決行を発表した。』とのことです。


 

インタファクス通信によると、ロシアのプーチン大統領は24日、ウクライナ東部ドンバス地方での軍事作戦決行を発表した。「ウクライナ政権によって8年間にわたり虐げられ、ジェノサイド(集団虐殺)に遭ってきた人々を保護すること」が目的だとしている。

プーチン氏は、ウクライナの「非軍事化」を目指すものの、同国領土の占領は計画していないと説明。ウクライナ軍に武器を捨てるよう呼び掛けた。ロシア国民が支持してくれると信じているとも述べた。さらに、ロシアは最新兵器を持つ核保有国だとして「ロシアへの直接攻撃は侵略者の壊滅と悲惨な結果につながる」と警告した。

これを受けてバイデン米大統領は声明を出し「この攻撃がもたらす死と破壊の責任はロシアだけにある」と非難。「米国と同盟国は団結し、断固とした方法で対応する。世界はロシアの責任を追及する」と強調した。

ロシア軍の理不尽かつ不当な攻撃にさらされているウクライナ国民のために、世界中が祈っているとも述べた。24日の先進7カ国(G7)首脳との会合後、国民向けに演説するという。

米CNNテレビは23日、ウクライナの首都キエフと北東部ハリコフなどで爆発音が聞こえたと報じた。キエフでは国際空港のある方角から複数の爆発音があり、ウクライナ第2の都市ハリコフでは砲撃音と思える大きな爆発音が断続的に聞こえたという。

【時事ドットコムニュース 配信】

かねてから

伝えられていたことではありましたが「独裁国家の本性をむき出しにした行為」という印象が拭えません。

『「ウクライナ政権によって8年間にわたり虐げられ、ジェノサイド(集団虐殺)に遭ってきた人々を保護すること」が目的だとしている。』とのことですが、これまでにそのような報道はほとんどなく、その意味では「取って付けたような」理由を掲げての侵攻であり、まさに「狂気の企て」と言っても過言ではないと思います。

ウクライナという独立国の

一部地域における「親ロシア派」と呼ばれる人が「ロシアの政治が良い」というのならロシアに移民すればよいだけのことであり、それをウクライナの領土内に独立国をつくり他国のロシアがそれを承認するということ自体、全く陳腐な、そしてとてつもない乱暴な企て以外の何ものでもないと思います。

これを何事もなく認めることは今後のさらなる暴挙を招くことにもなりますし、他の独裁国家のさらなる暴走を誘発することを思えば断固糾弾すべき行動以外の何ものでもないと思います。

ロシアは

すでに広大な領土を持つ国であり、さらにウクライナも手にしたいという「領土への拘り」についてはとても理解できるものではありませんが、「他国の自由を踏みにじる行為」を看過することだけは決してすべきではないと思います。

このような暴挙は「国民の総意に従って行動する民主主義国ではあり得ないこと」であり、それが起こる原因はまさに「独裁国家」という存在自体にあることが明白に証明されたのではないでしょうか。

今回の

独裁国家ロシアへの最強の対応策はNATOがウクライナの加盟を緊急承認してウクライナへ進軍するということになると思いますが、そうなると最悪ウクライナが東西で分離される事態になることも予測できます。

そしてその後は独裁国家への経済的制裁を続けて軍事力の弱体化を図る一方で、民主主義国家による拒否権のない新国際連合の設立という枠組みにおいて軍事力の統合・強化を図ることで世界の秩序を維持するという方向に進むことが大事だと思います。

まさに

「狂気は独裁者によりもたらされ」そして「断固たる対応だけが狂気の加速を止められる」ということを信じて、世界の民主主義国家が連帯して今回の事態に対応することを願いつつ今後の動静を見守っていきたいと思っています。

そしてできれば独裁者に反対するロシアの民主主義的国民によるプーチン氏の解任へと進むことを期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です