グッドスキームはより良い生き方を提案します。

いわゆる「止め時」というのはいつのことでしょうか。

人の行動は繰り返されます。そして通常はそのたびにより大きな成果をもたらすものです。そして成果がたとえ横ばいでもそれは続けられ、一時的な減少が見られてもまだ続けられます。しかし最終的に減少が続くことによって、やがて止める決断を下すことになります。

人の行動は、

慣れてくるとどんどん加速する傾向があります。調子が出てくると力を全開にしたり、あるいは調子の良いときは最初から力を出し切ったりということが行われるようになります。

しかしこの行動が次の行動に影響を与えることになかなか気づかないものです。いわゆる調子の良い時ほどこの傾向が強くなり、結果として致命的な傷を負うこともあります。

何かを長く続けるには、

二つの要素が大切になります。一つは限界を知ることで、もう一つは可能性を知ることです。

自分の力を過信して無理を重ねると、本来の力を最大限に発揮する前に傷つき力尽きてしまいます。それを防ぐには、自らの限界を知って謙虚にそこで止めることです。そうすることで初めて次の成果が期待できることになります。

また持てる力をいつも抑制的に使っているとなかなか真の力を発揮するまでには至りません。時には最大限の挑戦をして自分の可能性を知ることは、次の一歩のためにも必要なことです。

限界とは、

そこを超えてはいけない境界で、それは可能性の隣にあるより程度の強い領域と考えます。つまり可能性を知るための行動は一時的な無理であって、限界を超える行動は長期的な無理ということになります。

更にこれらの境界は一定ではなく常に変動するものですから、ここを上手く捉えて可能性までで止めることで、長期にわたって効果的に継続することができるはずです。

どの分野においても、

現役としての期間が短ければ十分に能力を発揮することができません。上手に変動する限界点を察知することで、できるだけ長く続けて、やがて限界点の慢性的な低下を知って挑戦を止めるということが一番良い姿勢といえると思います。

一つの可能性が失われても別の可能性が生まれるものです。新たな可能性に向かって再スタートをきれば、再び熱い挑戦者としての道を歩むことができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です