グッドスキームはより良い生き方を提案します。

かっては仕事人間というような言葉が良く使われていましたが、皆さんはどちらかというと仕事優先ですか?

人間は気を使うことで、お互いの関係を良くしょうと努力する生き物です。仕事仲間に気を使えば仕事人間になり、家族に気を使えば家庭人間になります。そして一方により気を使うということは、他方にはあまり気を使わない(放っておく)ことを意味しますので、当然放っておかれた方からは信頼を失うことも多く、それ故どうしたら良いか悩むことになります。しかしどちらかを選択しようという考え方は極端すぎるのではないでしょうか。

収入が確保できれば家計が楽になり、

家族も幸せになれると考えることが自然であるため、一般的には仕事を優先する傾向が強いのですが、そこには厳しい競争の中で、少しでも自分を楽にしたいという願いも込められていると思います。

しかし実際にはたまに家庭を優先して仕事への気遣いを怠ったとしても、周りの仲間には理解が得られるものです。皆同じ思いで生きているので、ある程度のことは察してもらえます。

ただ、一方に偏ると

そちらへの執着がより強まることになり、逆に他方に対する執着が弱まるため、だんだん理解が得られなくなっていくのが自然な心理と言えますので、双方のバランスを考えることが大切なことだと思います。

要するにどちらかを選択するのではなく、どのようにバランスを取るかを考えるべきだと思います。ある時は仕事を優先し、ある時は家庭を優先するというように互いのバランスを取ることで、信頼を失うという最悪な状況を免れることができると思います。

家庭や仕事に執着し過ぎると、

それが当たり前になり、そうするとそれを失うことが不安になるものです。つまり執着するということは、それだけ精神的にストレスを抱えることを意味しているので、逆に執着を弱め、時々気を使うことを諦めることで安らぎを得ることとなり、健康面からも好ましいことだと思います。

執着と放置(執着の諦め)のバランスをとることは、

社会的生き物としての人間の自然な営みなのかも知れません。人間は互いに協力する社会性と、一人になって執着のない安らぎを求める生物性を併せ持つ存在とも言えますので、両方を求める行動は自然な行動と言うことができます。

時には仕事人間として職場の人達との信頼関係を深め、時には家庭人間としての家族の信頼関係を深め、一方に対する執着と他方に対する放置というバランスをとりながら充実と安らぎを共有することで、人としての自然な生き方を全うすることができれば、それが最良の選択と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です