グッドスキームはより良い生き方を提案します。

SE(システムエンジニア)は30代から血圧が高くなっているという際立った特徴があるそうです。

『美容師は高血糖、SEは高血圧!? “早死に”の原因は「職習慣」だった!』

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20141016/1060849/
⇒日経トレンディネットの記事へ 
 
※記事が削除されている場合もありますのでご了承願います。

ある美容事業を展開している企業の従業員(美容師)の健康をチェックをすると、平均年齢は20代でやせている人が多いにもかかわらず、「空腹時の血糖値の平均が男性で100mg/㎗と50代並み」「糖尿病のリスクが高い」という結果が出た。

職場環境をチェックしてみると、以下のようなことが分かったという。

  1. 朝食抜き
  2. 甘い菓子パンや清涼飲料水が食事代わり
  3. 野菜不足

 

血圧はどの職種も40代以降、加齢が進むにつれ高くなる傾向があるが、SE(システムエンジニア)は30代から高くなっているという際立った特徴がある。

理由はいくつかある。

  1. ストレスが高い
  2. デスクワークが多い

【日経トレンディネット  配信】

美容室では

閉店後にカットの練習などを行うために帰宅時間が遅く、夕食が寝る間際になって、朝食が食べられなくなる美容師が多いとのことです。

さらに接客に追われることで、まとまった食事の時間がとりにくく、そのため、手軽につまめる菓子パンや、甘い清涼飲料水を好む人が多く、結果的に野菜不足に陥りやすいとのことです。

SEについては

継続して集中力と緊張感を強いられるのでストレスが高くなり、交感神経が優位となって血管が収縮しているとの指摘がみられます。

また同じ姿勢で1日中椅子に座って働くため、血流が滞りやすいともいわれています。

座り過ぎは

「耳石」との関係から、筋肉や自律神経への刺激がなくなるため、さまざまな影響を惹き起こすのではないかという報告もみられますので、なるべく30分ごとに体を動かすようにした方が良いようです。

SEに限らず、パソコンと向き合って、何らかの開発や作業に携わっている人は、仕事に集中すればするほど、長時間に渡って同じ姿勢でいることが多く、それを避ける意味でも、定期的に席を立って、動きまわることを心がけていただきたいと思います。

仕事での習慣は

長期に及ぶことも多く、気がついたら数十年に渡って良くない習慣を続けていた、ということもなりかねませんので、是非「30分ごとに動く」ということも、習慣の一つとして組み入れて欲しいと思います。

もう少し、自分の体が発している悲鳴に、敏感になるべきかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です